2005年11月30日

鮭の味方

IMG_3330.jpg

ポータルサミットの翌朝、まつい店長と茶屋町原地さんと3人で
鮭の遡上を見に行きました。
初めて見る鮭の遡上にせがれは大興奮!

続きを読む "鮭の味方"

ポータルサミットの夜&翌朝

ねむねむ先生

ホテルに戻った後、加藤先生まつい店長と3人で風呂に入り、
その後笹だんご母さんと合流。
新潟母さん・せがれ塾の作戦会議&カメラ話をしました。
(私とまつい店長はまだ飲み続ける)
写真は、もうかなりねむねむ状態の加藤先生。

続きを読む "ポータルサミットの夜&翌朝"

2005年11月29日

eこって柏崎ポータルサミット

IMG_3248.jpg

昨日、私は「新潟朱鷺市」会員として、
eこって柏崎のポータルサミットに出席させていただきました。

続きを読む "eこって柏崎ポータルサミット"

2005年11月27日

おにいちゃんだからガマン!

IMG_3215.jpg

去年から、うちのわんわん(6歳♂ゴールデンレトリバー)は
お兄ちゃんになりました。
嫁の腹が大きい時から、「今度お兄ちゃんになるんだから、
いい子にしてなきゃだめだよ」と言い聞かせられて
もう1年以上。

IMG_3221.jpg

今ではもう、生まれてきた子供は水野家一の暴れん坊。
わんわんの顔を“むぎゅうぅぅぅぅぅ~~”っと掴むのが大好き。
それでもうちのお兄ちゃんわんわんは、
じっと我慢して、子供が離れてくれるのを静かに待つのである。

2005年11月26日

休日の朝

IMG_3131.jpg

ある朝、目を覚ますとちょうど太陽が昇る直前。
ぶぁさっ!!と布団から抜け出し、大急ぎでカメラを持って外へ出ました。
いつもの犬の散歩道では、思うような写真が撮れず、家着のまま
車に乗り15分の移動。
途中、財布も携帯も持っていないことに気付くが、
朝の日差しが残るうちに・・・とそのままとある池へ。

IMG_3151.jpg

そこには白鳥が来ていて、「朝日と白鳥」にテーマを決定。
しかし、私の300㎜では白鳥を画面いっぱいに撮ることができず。
中途半端な距離で妥協。

IMG_3157.jpg

後ろを振り向くと、カモが朝日を浴びて私から見ると
ちょうど逆光。
ねらう写真はもちろん加藤先生のアレ
オレンジに光る水面と、カモのシルエットだけが写るように意識して
シャッターをきってみる。
・・・・・ゼンゼンチガウ・・・・・・・・
どうやら私の装備では鳥の写真はむずかしいようす。
400㎜おそるべし。

2005年11月25日

まるまるまるまるまるマルマルマール

今日のテーマは「まるまる」です。

IMG_3104.jpg

道端の草に付いた朝露の「まるまる」
背景が黒く沈んでいるところがお気に入りです。

IMG_3127.jpg

朝の月の「まる」
青空と紅葉の写真を撮ろうと思い、カメラを空に向けたら
月が見えていました。とっさに思い出すのは、
加藤先生の月の写真

IMG_3167.jpg

次は雨あがりの「まるまる」
葉の落ちた紅葉の木についた雨の雫を撮りました。
雫だけだと寂しかったので、紅葉の葉を一枚前ボケで入れてみました。

2005年11月24日

写真道 せがれ編

雪山と紅葉

先日、加藤先生、まつい店長と新井の山へ撮影旅行
に行って来ました。

左まつい店長 右加藤先生

各ポイントで見せてもらう先生の写真は、同じ場所で撮っていながらも
全く違う光の取り入れ方&構図で、
まついさんと私は「おお~!!」の連発。

ノーファインダーで撮った銀杏

なんとか加藤先生や、まつい店長とは違った写真を撮りたくて、
いろいろと試してみました。

望遠レンズで撮った水路

誰からということもなく、3人ともそれぞれ別の方向へ。
上の写真は私がひっそりと見つけた苔と落ち葉が綺麗な水路。

標準レンズ&スローシャッター

この水路が妙に気に入った私はここでレンズを望遠から標準に変更。
広角&スローシャッターで撮影を試みる。
しかーし、三脚を持っていなかったので、写真はブレブレ。
被っていた帽子を地面に置き、そこにカメラを置いてタイマー撮影。
我ながら「ナイスアイデア!」しっかりとブレずに撮れました。

後で、加藤先生を呼びに行き、この水路へ案内してみる。
せがれはこの水路を加藤先生はどのように撮るか見てみたかった。
早速先生が撮った水路の写真を見せてもらう。
か「こんな感じ。どうですか」
せ「・・・・・真似していいですか・・・」

帰り際、自信満々で「カメラを置いてタイマー」の
撮影方法を説明するせがれに、まつい店長は
ま「それ私も良く使いますよ」
せ「え・・・・・・・」
斬新な撮影方法だと思っていたのは私だけだったようです(涙)

この前日の夜、お酒を飲みながら加藤先生から、
いろいろな方のお話を聞かせてもらいました。
(甚六さん、mamaうさぎさん、くりりんさん、あずあずさん、お局さん、cozyさん)
私には大変刺激になる楽しい旅行でした。

2005年11月21日

久々の太陽

昨日の朝は、久しぶりに晴れて気持ちの良い朝の散歩が
できました。

IMG_3093.jpg

庭の紅葉も久しぶりの日差しを浴びて輝いていました。

IMG_3100.jpg

こんな晴れた朝にカメラを持っての散歩は心安らぎます。

IMG_3113.jpg

足元を見ると、霜が降りていました。
冬はもう、すぐそこまで来ています。

隣のばあちゃんはもう正月の準備

IMG_3119.jpg

寒くなってきた今でも隣のばあちゃんは朝早くから
畑に出て仕事をしています。
せ「ばあちゃん、さーめくねーの?(寒くないの)」
ば「ああ、さーめなったのう。(寒くなったね)」
せ「今日なんか霜が降りったったねっかね(霜が降りてたじゃんか)」
ば「へえ冬が来るあんだいえ(もう冬が来るんだよ)」

IMG_3120.jpg

せ「ばあちゃん、こんがさーめてがんね枝豆ら?(こんなに寒いのに枝豆?)」
ば「いーや、これ枝豆んねあんだ(これ枝豆じゃないんだ)」
せ「なんだこれ?」
ば「正月に使う黒豆らてば(黒豆だよ)」

IMG_3123.jpg

ばあちゃんは豆の殻を取って豆を見せてくれた。
ば「ほら、真っ赤らろが、これが黒豆になるあんだ
  (真っ赤だろ、これが黒豆になるんだよ)」
せ「へ~はじめて見た。ちっと写真撮らして。」
ば「なじょも撮れや(いくらでも撮れ)」

朝のほんの20分くらいの散歩で、
月曜日の朝を心地よくスタートするせがれでした。

2005年11月19日

写真道

狙撃手 加藤忠宏

加藤忠宏写真道。
それは静かで深く、そして熱い。
彼は狙撃手のように狙い、そして一瞬を切り取る。

小雪舞い散る新井の山で、
彼の写真に対する熱い心が奇跡の晴れ間を呼ぶ。

ロックオン 加藤忠宏

加藤忠宏写真道。
彼の研ぎ澄まされた感性と、
新潟の自然とのコラボレーション。

        comming soon・・・・・・・・・・・

2005年11月18日

コントラスト

IMG_27701.jpg

先日撮った紅葉の写真。いつも何枚も撮ってその中で
気に入ったものをこのブログにアップしているのですが、
HDに保存したままになっていた写真を整理しようと、
画像一覧を開いてみると、撮った時はそれほど
気にも留めなかった写真の中に、やたらと目立つ写真が2枚。

IMG_28911.jpg

自然が創り出す色のコントラスト。
実際に目にしたり、写真で見たりするとすごく綺麗で
最高のカラーリングに感じる。

そして思った、この自然の色の組み合わせを、普段着ている
服の色あわせの参考にしてしまうと、ひどいことになるだろうな・・・と。
赤いパンツに黄色のセーターとか、赤いジャケットに緑のパンツ・・・
恐ろしいカラーリングに早代わり。

ああ、秋の木々だけに許されるコーディネイト。
もっと撮っておこうかな。

2005年11月17日

新潟は冷え冷え

IMG_2944.jpg

いつものように会社の裏で写真を撮ろうと外に出ると、
風が冷たい・・・。
一度戻って上着を着込んで写真を撮ってきました。

IMG_2947.jpg

今日は久しぶりに単焦点レンズ。
被写界深度が浅いので、ピントあわせに時間がかかります。
(寒い~~~~)

IMG_2952.jpg

サッと撮って会社に戻ろうとする私をあざわらうかのように
思うようにピントが合わず、
耳が痛くなるほどの風を受けながら写真を撮ってきました。
今日はあったかいアウター必須です。

2005年11月15日

クリスマスが近づいています

IMG_2910.jpg
アバンテにあったクリスマスツリー

どんどん寒くなり、もうすぐ雪が降り始める季節になってきました。
先日、クリスマスソングのCDとクリスマスツリーを買ってきて、
今年は今までの水野家のクリスマスとは違い、
家の中は妙にメルヘンちっくな雰囲気になってきました。
こども一人いるだけで、家の中は大きく変わるものですね。

2005年11月14日

子供の目線よりも更に下

IMG_2796.jpg

地面スレスレから撮った弥彦の紅葉谷です。
多くの人達が三脚+望遠レンズで写真を撮る中、
私だけしゃがみこみ、足元からの写真を撮っていました。
写真を撮って立ち上がると、観光で来たであろう
背の高い白人がじっと私を見ていました(見るなよ恥ずかしい)

IMG_2898.jpg

これは、紅葉谷の通路端を流れる小さな川の
水面ギリギリから撮ったもの。
カメラが濡れたら即故障というハイリスク。
慎重にカメラを下ろし撮影。
撮った画像を見て思わず「ん~、ハイリターン」
嫁の冷たい視線が突き刺さる。

2005年11月13日

紅葉を上から見下ろす写真

IMG_2835.jpg

紅葉を上から見下ろす写真撮ってきました。
F16に絞り込んでスバッと切り取る!
というイメージで撮ってみました。

IMG_2838.jpg

絞り込んでかつ広角というのは、難しく感じました。

IMG_2831.jpg

なかなか絵になる写真が撮れませんでした。

弥彦の紅葉谷は、昨日非常に混雑していて、
カメラを持った人達で賑わっていました。
昨日は嫁と子供と三人で行ってきたのですが、
子供は紅葉には全く関心がなく、私の着ていたパーカーの
ゴム製のコードとプラスチックの紐をとめる部品いぢりに
夢中でした。

2005年11月11日

せがれの広角修行

IMG_2712.jpg

今日の朝、弊社の外回りのY君と話をしていたら、
今日はY君忙しい様子。
Y「弥彦に品物取りにいかんばらてがんね、時間がねいや」
 (弥彦に品物を取りに行かなきゃなのに、時間がないよ)
せ「俺俺、俺が行く(ついでに写真撮ってこよ)」

と、上手く口実をつくり弥彦へ。
今日は標準レンズの広角側だけを使うと決めて弥彦紅葉谷へ。

テーマは「いつもと違う視点&広角」
望遠で撮ったら綺麗であろう、美しいもみじの葉を
通り過ぎ、曲がりくねった枝に特徴のある木に
グッと寄って撮ってみました。

IMG_2711.jpg

小さな池に写る紅葉。

IMG_2748.jpg

そして、小川に写りこむ紅葉。
う~ん。これでいいのだろうか?
昨日の加藤先生のアドバイスはこれとは違う事なのでは・・・

とりあえず今はどんどん撮ってみるしかないと思い、
20分ほど写真取りまくってきました。

2005年11月10日

すすきと夕日

先日のベストショットですっかり調子に乗ったせがれは、
今日も夕日を狙って、田んぼに向かってダッシュ!
今度はすすきを撮ってみました。

とんぼと同じような写真になってしまいましたが、
秋の綺麗な夕日とすすきの組み合わせはまさに季節物。

写真を撮るようになってから、四季の移り変わりの
美しさを噛締める様になりました。

SHIFTで髪を切ってきました

先月、「髪の毛切ってくるからお金ちょ~だい」と
嫁から金をもらって出掛けて、
そのお金でカメラを入れるカバンを買って帰りました。

「ただいま~」と新しいカバンの入った袋をぶら下げて
帰ってきた私に嫁の冷たい視線が突き刺さる(この後叱られました)

「いいさいいさ!来月切ろっと!」と思い、髪はのびっぱなしでしたが、
我慢して生活していたのですが、風が吹くたびに髪の毛が顔にかかり、
「うお~~~~邪魔じゃねーか!髪の毛。」とついに我慢の限界。

家から自転車で1分の「SHIFT」に向かい、この伸び切った髪を切ることに。
DSC05272.jpg

続きを読む "SHIFTで髪を切ってきました"