2006年3月29日

山に来た春

ま「もしもし、今時間ある?」
せ「今ちょうど空いたトコっすよ」
ま「今吉田にいるんだけどさ、寄っていい?」
せ「松井さん時間あるの?カメラもってる?」
ま「もちろん!!」
せ「ちょ~いい場所がある。行きますか!?」
ま「いいね~」

紫の花

すぐにまついさんと合流して、せがれが狙っていたポイントへ
直行しました。ポイントへの道中はマクロレンズの話や、
望遠レンズの話ばかり。

ハチ

ポイントへ着くとそこには雪割草、その他名前のわからない
小さな花がたくさん咲いていました。
せ「ここすげーいいでしょ」
ま「いいねー。マクロが活躍しそうだ」

蜘蛛の巣

せ「まついさ~ん!蜘蛛の巣がある」
ま「お!霧吹き持ってこなきゃ」
せ「・・・・・ない、でもとりあえず撮影」
春になると花や鳥以外にも被写体がいっぱいで撮影も楽しい

沼の長老

今ではすっかり沼の長老になってしまったまつい店長
新しいLレンズとマクロレンズでたくさん写真を撮ったようです。

マクロで撮影

マクロで撮影1

せがれもしっかりまつい店長からマクロレンズを借りて
撮影してきました。
やっぱりマクロレンズはおもしろいです。

2006年3月28日

カメラを持ってお散歩

ちいさな青い花

昨日の昼休みカメラを持って散歩に出かけました。
散歩といっても家から2,3分くらいの距離ですが、小さな
花たちがたくさん咲いていました。

ちいさな白い花

ゆっくり歩いていると、いろいろな花が咲いている事に
気がつきます。
子供の頃にはよく目にした花達。
車で通るだけでは発見できない小さな春です。

ちいさな白い花1

この花達は本当に小さく、200mmの望遠レンズで目一杯
寄ってもこれくらいにしか写りません。
それにしても久しぶりに見た小さな花達。
今までどのくらいこの小さな花達を見過ごして来たんだろう?

2006年3月27日

梅より先に桜が咲いてた

桜

近所を散歩していると、民家に庭に花をつけた木がありました。
近くでなにやら作業をしているじいちゃんが一人。
たまらず声をかける
せ「じいちゃん、これって梅?」
じ「あ?これ桜られ」
せ「うそ!?だってまだ梅の咲いてないじゃん」
(と隣に立っている梅の木をゆび指す)
じ「ああ、この桜は毎年2回咲くあんだ、今咲いて、また
  秋になったら咲くあんだいえ(咲くんだよ)」
せ「へ~、すげーんだねぇ。これ写真撮っていい?」
じ「なじょも撮れ(いくらでも撮れ)」

小さな桜

梅よりも早く咲くこの桜。せがれには嬉すぎでしたw
梅ももうすぐ咲きそうです。

2006年3月25日

春の道端で

春の散歩道

少しづつ暖かくなり、いつも通る道端も、茶色から緑へと
変わり始めました。
去年までは気にもとめなかった草達の存在が、
今では妙に嬉しい。

春の道端

道端にしゃがみこみ写真を撮っていて、ふと思った。
せがれには超望遠レンズよりも、マクロレンズの方が
合っているのではないだろうか?

「田舎せがれがちっちぇく生きる」という名前にも
マクロレンズの方が合うのでは・・・・・
マクロレンズ買おうかな。

2006年3月23日

春の日差しで撮る

紫

春の日差しを春らしく撮りたいと思い、弟の店にあった
鉢植えを日差しの当たる場所に動かして撮りました。
花が光を浴びて透けるように、半逆光&ほんの少し
オーバーめに撮影しました。
   ↑
がらすの森~のぶさんのマネ

赤

こちらも半逆光で撮影。
半逆光は女性を撮影する時によく使われるらしいです。
今回は望遠レンズでの撮影でしたが、単焦点で
撮ったらおもしろかったかも。

つくし

このつくしはほぼ真横からの光。
2線ボケが出ないように注意して撮影しました。

2006年3月22日

チョウゲンボウ?コチョウゲンボウ?

海辺の木に

ケアシノスリを撮影してホクホクしていたせがれの目の前に
体は小さく、顔の形が鷹っぽい鳥が現れました。
「うわ~なんだコイツ~。はじめてみたぁ」←超小声
こんな日に限ってせがれカメラには200㎜のレンズが着いてる

チョウゲンボウ?

これも加藤先生に教えてもらいました。
しかし写真ではチョウゲンボウ、コチョウゲンボウの区別がつきにくく、
背中の色が赤なら「チョウゲンボウ」青なら「コチョウゲンボウ」
という事でした。
ちょうどこの時すこし赤がかった夕日の光が入っていた為、
背中の色が沈んでしまい、色の区別がつきにくい状態に。

コチョウゲンボウ?

調べてみると、チョウゲンボウよりもコチョウゲンボウの方が
珍しい様子。するとなんとなく背中が青く見えてくるから不思議。
ちょっぴり「コチョウゲンボウ」であってほしいと思うせがれでした。

ウミウの若鳥

ウミウと日本海

海沿いを走っていると、岩の上にポツンと佇む鳥一羽。
車の外は晴れにもかかわらず強風。
はじめてみる鳥だったので、慎重に撮影しました。

ウミウ若鳥

帰ってから調べてもこの鳥の名前がわからず、
加藤先生に教えてもらいました。
先生、ありがとうございました。

この日はこの鳥からスタートして、この後「ケアシノスリ」
「チョウゲンボウ」「ノスリ」等、いろいろな鳥に出会いました。

2006年3月20日

マクロレンズ入手

白梅

昨日マクロレンズが届きました。
いつもなら富士カメラで買うのですが、今の時期はどのレンズも
品切れ続出でせがれが狙っていたEF100 F2.8 MacroUSMも品切れ。
そこで「onlineフェイス」で購入。
初めてこのお店で買ったのですが、対応も早く、注文した翌日には
手元に届きました。

ドビュウム

せがれが撮りたかった「雫」も大きく撮れて、大満足。
今まで寄りたくても寄れなかった物が撮れる。
ただ、ピント合わせはシビアで、ちょっと体が動いただけで
ピント位置が変わってしまいます(手持ち撮影)

これからしばらくはマクロレンズと格闘する事になりそうです。

六本木ヒルズ~横浜

六本木ヒルズ

とってもディープな秋葉原の次は、六本木ヒルズへ。
せがれは六本木ヒルズも今回が初めて。
早足で歩く人ごみの中をせがれと妊婦あさみは
だらだらと歩く。

向こう側は東京タワー

ここにぽつぽつと仲間達があつまり始める。
最初に現れたのは「アキ」
アキはこの近くで働いていて、仕事が終わってから来てくれた。
次は「ますみ」
ヤツもこの近くで働いている。みんな都会っこだなぁ~。

続きを読む "六本木ヒルズ~横浜"

2006年3月19日

せがれ メイド喫茶へ行く

アキバ電気街

先日、秋葉原のメイド喫茶に行ってきました。
も もちろん初めてです。
秋葉原へ行くことがはじめてだったせがれは駅から出たとたん
そこに広がる別世界に圧倒されてしまいました。
(道路で普通にメイドさんや、その他のコスプレの人が歩いている)
歩いている男の人もホンモノっぽい人ばかり(; ̄ー ̄川 アセアセ

東京を一人で歩けないせがれの今回のツレは「妊婦あさみ」
メイド喫茶行きはあさみの「メイド喫茶へ行ってみたい」の
一言であっさり決まってしまったのである。

電気街とあさみ

せ「ここってすげーな!メイドさんが普通に歩いてるよ」
あ「ねー。」←上機嫌
せ「どこのメイド喫茶行くの?」
あ「ここ」

と、あさみは雑誌を取り出し見せる。
ページ全体がメイドさんの変な雑誌・・・・・( ̄Д ̄;;
せ「あ、そう」←どこでもいい

かなり道に迷い、ようやく目当てのメイド喫茶に到着。
しかしそこにもホンモノ達が行列を作っている(-"-;A ...
さすがにあさみも怖気づき、隣の空いているメイド喫茶へ。
メ「お帰りなさいませご主人様、お嬢様(萌)」
せ「・・・・(*・・*)」
あ「・・・・・・・・・・||| \( ̄▽ ̄;)/ |||」
せ「コワイ、コワイ、あさみ、先行って」
あ「う うん」
店内に入るとすかさず「撮影禁止」の文字が!!
か・・・カエリタイ・・・

2006年3月16日

昨日出合った鳥

鳶

昨日はケアシノスリ以外にもいろいろな鳥に出会いました。
この鳶は絶壁付近をゆっくりゆっくり旋回していました。

イソヒヨドリ

イソヒヨドリはじっと海を見つめていました。

ノスリ

大河津分水の土手の下にノスリがひょっこり顔をだしていました。
あわてて車の中から撮影したら、ガードレールが入ってしまいました。
撮り直そうと車から降りようとしたら、サッと逃げてしまいました。

2006年3月15日

ケアシノスリ

今日の新潟はいい天気。
天気がいいからちょっと写真を・・・と山へ向いました。

ケアシノスリ

するとすぐに「鳶」ではない尾の形をした猛禽類の姿が!!

ケアシノスリ2

夢中でシャッターを切り、帰ってすぐに調べました。
どうやらケアシノスリという鳥みたいです。
かっこよかったぁ~、あいつ。

2006年3月13日

がんばって咲く

雪積もる梅

昨日祭りやママさんが撮った雪が積もった椿の写真、
実はせがれも甚六さんが撮れないものを!と狙っていました。
日曜日はほんの少ししか雪が降らず、花に雪は積もりませんでしたが
今日はしっかりと花に雪が積もりました。

雪積もる梅2

しかし、今度は雪多すぎ!背景を暗めに撮影して
白い梅と雪を浮かせて撮るイメージをしていたせがれには
今日の雪は予想外。
どこを背景にもっていっても真っ白でした。

せがれなら・・・

これもイメージしていたよりも苦戦。
雪が多くて、椿の木全体が雪の重さで下を向いて
しまっていました。
下から覗き込むように撮影。

2006年3月11日

母さんせがれ塾へ向う途中

光を通す波

先日の「母さんせがれ塾」に向う途中、山の向こう側で
とっても綺麗な夕日がせがれを誘っていました。
しかしせがれは母さんせがれ塾へ向っている最中。
ここはグッとガマンして母さんせがれ塾へ直行!
・・・と、思ったけど5分だけ!と自分に言い訳しながら
直進のはずの交差点を右折。

砂に写る夕日

海が見えたとたん、母さんせがれ塾へ向っている
途中であることを忘れてしまうほどこの日の夕日は綺麗でした。
夕日の光が濡れた砂に反射して、赤い砂浜がひろがっています。

日没

5分だけと思いながら、しっかり日が沈むまで撮影してしまいました。
しかもこの後、海沿いの道から「母さんせがれ塾」へ向おうとしたら
なんと迷子に!
まつい店長に「助けて電話」をして、なんとか現在位置を確認。
通ったこともない山道を抜けてなんとか母さんせがれ塾の
会場にたどり着きました。

2006年3月10日

マクロレンズで撮影

IMG_2697.jpg

まつい店長のマクロレンズを借りて、椿の写真を撮ってきました。
マクロレンズで花を撮影したのはこれがはじめて。
吉田町の公園をカメラを持って怪しくうろうろしてしまいました。

IMG_2686.jpg

MFで風に揺れる椿を撮るのは、すごく難しいと感じました。
(AFでは思ったところにピントをもっていけません)
マクロ撮影ではちょっと風に揺れた程度でも、ピントが大きく
外れてしまい、なかなかシャッターを切れません。

IMG_2689.jpg

でもマクロの世界は非常におもしろいです。
今まで被写体にならないと思っていたような物でも、
「マクロレンズならおもしろい写真になりそう」と思えてしまいます。
これからの季節は花の撮影が多くなると思いますので、
マクロレンズが大活躍するかもしれません。←ホシイ

2006年3月 9日

群馬には春が来ていました

梅とハチ

昨日は群馬県に行っていました。
大量の雪が積もった曇り空の湯沢を越え、長い直線のトンネルを抜けると
ガラリと天気が変わり、スカッと青空が広がっていました。

梅

町を走っていると、道路脇に梅の花が咲き始めていました。
ポカポカ陽気の中、花の撮影はとても気分がいいです。

輝く

急で細い坂道を上ると、逆光で金色に輝く花がありました。
ぬぉぉぉ~~!楽しくて仕方がありません。

2006年3月 8日

春を探してみました

つぼみ

新潟ではまだほとんど花は咲いていませんが、
少しづつ春が近づいて来ているようです。

残った落ち葉

秋に良く撮った落ち葉がまだ残っていました。

もうすぐ

こちらは、もうすぐ咲きそうです。
自宅の庭にある木であるにもかかわらず、どんな花が咲くのか
全くおぼえていません。

2006年3月 7日

太陽は海を燃やす

野積

今日は甚六さんとカブリ気味ではありますが、
夕日に染まった海を撮影してきました。

弥彦山山頂から

ロープウェイに乗り、弥彦山の山頂から海を
撮影してきました。
山頂はまだ雪がたくさんあり、すごく寒かった。

いつもの場所から

この写真は仲間内では「いつもの場所」というポイント
からの撮影。
夏にBBQをする時などは「じゃあいつもの場所で!」と
会場になるビーチ。夏でも人がすくないこの場所は、
寒い今では当たり前のように誰もいませんでした。

2006年3月 6日

Goulaffe(グーラッフ)

今日はせがれの弟の店「Goulaffe(グーラッフ)」を紹介します。

先週末になんとなく腹も減らず、かといって何も食わないのも
イヤで、でも何か作るのもヤダ。という感じで弟の店に行ってきました。

ハマグリの白ワイン蒸し

まず最初に注文したのは、「ハマグリの白ワイン蒸し」
せがれはあまり貝系が好きではないのですが、
嫁と晶子が食べたかったらしく、注文しました。
せがれはあまり好きではないにもかかわらず人気商品です。
(書き忘れましたが、この時晶子も一緒に行きました)

ガーリックトースト

毎回必ず注文する「ガーリックトースト」
これをつまみにビールを流し込みます。

海老のラビオリ風

これは昨日も登場した“まさみちゃん”のオススメ
「海老のラビオリ風」海老をメインに生姜の利いた具を
ラビオリに包んでスープといっしょにいただきます。
写真の盛り付けが崩れているのは、せがれが酔っ払って
ちょっとこぼしましたw

和牛のカルパッチョ

これは晶子オススメ「和牛のカルパッチョ」
生の和牛の上に、チーズ、トマト、野生種ルッコラをのせて
バルサミコ酢でいただきます。
これは腹の減っていないせがれにとってベストチョイス!
腹が減っていないといいながらがっちり食べました。

海老と野菜のフリット

これはせがれのお気に入り。
季節野菜と、海老をイースト菌で発酵させた生地で揚げたもの。
この日は生地の量が気に入らず、弟に文句を言いました。
(せがれはこれを一番楽しみにしていた)
せがれは弟を褒めるという事は全く無いのですが、このフリットは
うまいです。オトウトがうまい訳ではなくフリットが・・・ブツブツ

青じそのスパゲッティ

最後は青じそのスパゲッティで〆ました。
ウチの嫁一番のお気に入りです。

※予約時「せがれブログ見ました!」で1ドリンクサービス(3月中)
※4月中旬からランチ開始予定です。

Goulaffe(グーラッフ)

新潟県西蒲原郡吉田町旭町1-3-3 藤井ビル2F
TEL 0256-93-1186

2006年3月 5日

すみいちさんのHP写真の裏側

先日、すみいちさんのHP 
宮崎名物オリジナル鶏もも炭火焼通信販売
宮崎名物地鶏とスモーク専門店 お取り寄せとお土産 炭火一番
がオープンしました。

このサイトでせがれの撮った写真を使っていただけるという事で、
張り切って写真撮影開始。

失敗作1

せがれのイメージとしては、女性が楽しそうに、かつおいしそうに
食べている様子を・・・と思い、弟の店に勤めているまさみちゃんに
電話をして今回のモデルをお願いしました。

せ「まいど。今化粧してある?」
ま「うん完璧、超顔作ってあるよ。どうした?」
せ「うまいもん食わせたる。写真撮らせて」
ま「まじか!いいよ」
せ「今行くから」

店に着くとすみいちさんから送ってもらった「鶏せせり香草焼」
皿の盛り付け、撮影開始。

せ「たのしそうに、おいしそうに食べて」
ま「こう?」
せ「爆笑しながら食うな!」
ま「こう?」
せ「もりもり食うな!」

と、せがれは「こうるさいおっさん」に変身。

失敗作2

ま「これ、うめーなおい。」
せ「まじか!俺にもくれ。」
弟「俺にもくれ」
せ「おめー食うなよ。撮影用のやつがなくなるだろ!」
弟「ぢゃ俺を撮れ、まさみちゃんよりいい感じに食う」
せ「ぢゃあやってみ」
弟「ばくっ!!」
せ「急いで食うな!あ、意外と使えるかも・・・」
弟「ばくっ!!」
ま「食いすぎじゃね?」

すでにこの時弟のすぐそばにはビールが・・・
撮影が終わった後、弟とまさみちゃんは鶏せせり香草焼を
つまみにビールをがっつりと飲んだみたいです。

すみいちさん、ありがとうございました。

2006年3月 3日

今まで撮った写真を加工してみた

ちっちぇく生きる

昨日に引き続きネタ切れのせがれは、今まで撮った写真を
加工して投稿するという逃げ技に走ってみました。

使った画像は4枚。
そこに文字をプラスしました。
全部今までアップしたことのある写真を使ってあります。
どの4枚かわかります?

2006年3月 2日

投稿しそびれた写真 秋編

まあ・・・・あの・・・・ネタ切れです。
そこで今まで撮りためた写真が保存してあるHDから
当時ボツにした写真をあらためて見てみました。
結構イケる写真も眠っていましたw

IMG_3095.jpg

これは秋の朝、ウチの玄関先で撮ったもの。
この葉っぱの模様が気持ち悪くてボツにしたような・・・

IMG_3518.jpg

これは秋の夕方に刈り取られた稲にくもの巣が
輝いていたので撮影したもの。
フレアとゴーストのオンパレードになってしまった為ボツ。
でも、この写真は上手く撮れたらいい感じだったのになぁ。

2006年3月 1日

ゆかみにさんちとシュークリームママさんち

あと少し

先日、ゆかみにさんのお店と、シュークリームママさんのお店
嫁と子供を連れて行ってきました。
この日はよく晴れていて、せがれにとってのメインは柏崎の夕日。
きっかけは嫁のこの一言。

嫁「天気いいからどこかへ行こう・・・・柏崎へ味噌漬け買いに行って
  その後海でも見て帰る?」
せ「海!?超行く!すぐ行く!準備しれ」

IMG_2349.jpg

まず最初はゆかみにさんのお店で味噌漬けの調達。
残念ながら今回はゆかみにさんはいませんでした。
その後、シュークリームママさんのお店へ。
お店にはシュークリームママさんがいて、ウチのこどもが
シュークリームママさんにぺったり。
我が子よ。なかなか女性を見る目があるぢゃねーかこのやろう。
ここで、大福とケーキを買い、大福を食べながら(大福もケーキもおいしかった)
せがれにとってのメインである海へ直行。

IMG_2361.jpg

ところが、海はちょどいい夕日の時間帯にもかかわらず水平線近くは曇り。
一番いいところが撮れませんでした(泣)
車の中ではこどもが「ぐるぐるどっか~ん」のDVDに夢中で海には全く興味なし。
写真もなんとなく不発・・・シュークリームママさんの写真撮ってくればよかった。