2007年5月31日

西太田の文豪デビュー

蓮華

写真とはまったく関係ありませんが、
いつもせがれがお世話になっている「新潟朱鷺市」の
仲間で、印刷屋さんの「ユタ」さんが、この度
めでたくブログをはじめました。

蓮華の雫

ユタさんは、吉田町の西太田というところに住んでおり、
かつては「西太田の文豪」と恐れられていたそうです。
(文豪が恐れられるような存在なのかはせがれにはわかりません)

彼はすでに一回目の投稿で文豪っぷりを発揮しており、
意味不明なのに妙に暖かい文章を書いております。

このブログの作成に携わったのは、キッチンにいさん
AIDAさん、そしてちょっぴりせがれ。

これからサミットに向けて要注意のブログになること間違いなしです。

昨日、「毎日更新する!」と言い切ったユタさんですが、
昨日の夜に入れたコメントの返事もまだ入っていませんw

いたずら好きなあなた!お祭り好きなあなた!
宮崎の例の彼の時のように、燃え上がるようなコメントを
入れてやっていただけませんでしょうか?

よろしくお願いします。


ユタのチャリライフ

2007年5月30日

山も谷もない長い文章

 夕方までにはまだ時間があった。
 毎日パソコンに向かい、消費カロリーが不足している3人は
 せまい軽自動車に乗り込み、心躍る被写体を求めて弥彦山へと向かった。

 車の中では、加藤先生やまつい店長はまったく興味がないであろう
 まったりとした曲が流れている。

 助手席のまつい店長は相変わらずひっきりなしにいろいろな話題を
 俺や加藤先生にぶつけ、俺は次に話をすることなど考えずに済むという
 楽な空気の中、弥彦山へと向かった。

 

続きを読む "山も谷もない長い文章"

2007年5月29日

ちっちぇ鳥くん

せがれ号の上で

会社の屋根にどうやら巣があるらしい。
今も会社のすぐ前で、のんびり日向ぼっこしたり、
虫を食べたりしている。

翼の部分をよく見ると、どうやらコイツは子供らしい。
まだ産毛が残ってる。

羽が

事務のHさん、Tさんもどうやらコイツらの存在が気になるらしく、
今も「あの鳥がなにかくわえてますよ。」と言いながら
鳥を見ている。

コイツの何がかわいいって、せがれが近づいても
逃げないトコ!!

超アップで撮影してみたw

2007年5月28日

なにほんどめでてえかわからんぐれえめでてえ!

おめでとう!!!!!!!

 今朝早く、嫁の携帯が鳴った。
 それは約1年まったく会っていなかった友人の二人目の子供が
 産まれたというメールだった。

 「産まれたよ!」

 うおっしゃあぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

 「おい!どうする!!?」
 「どうするって・・・まだ産まれたばっかりだからね」

 「おい!男か?女か?」
 「前言ったじゃん、男だって。」
 「うん。よし。でかした。で、調子はどんな感じなの?」
 「元気そう」
 「よし。・・・・・・・・よぉぉぉし!!!」

 
 さて、出産祝いの準備らなぁ、
 今回は特に気合の入った出産祝いにしねーと!

 家族全員分刻印して銀食器贈ろうか?
 純銀の上に極厚の純銀メッキしようか?
 特大の離乳食マッシャーでも作ろうか?
 ・・・それじゃ離乳食マッシャーじゃなくなるか。

 うん。
 まだ全然決まらなねーけど、すげーの作ったる!!!
 もえちゃん、おめーの分もつくったるぞ!


出産祝い やさしいキッチンツール

2007年5月23日

出雲崎で撮影

夕方、突然加藤先生から連絡がある。

先「夕方、夕焼けがきれいそうなんだけれど(笑」
せ「え?先生どこにいるんですか?」
先「夕焼けがきれいになりますよ、長岡駅にホテルにいます」
せ「ながおか~~~~!!?」
(新潟県長岡市)

hashi

先「いきませんか?」
せ「長岡だと夕日が沈むまでに間に合わないのでまつい店長に電話してみます」
(まつい店長=長岡在住)


せ「あ。もしもしまついさん?今何してます?」
ま「はいはい。今ちょうど夕日を撮影に行こうと思って・・・」
せ「うおおおおお!!まついさん、加藤先生迎えに行って!」
ま「え?どこに?」
せ「先生、急に長岡駅にいるっす。」
ま「え?そうなの?了解。」
せ「ぢゃあ、後は道々連絡します」

とりあえずまつい店長は加藤先生を迎えに行き、
その後海で待ち合わせすることになりました。

海側の道に出ると、だるま太陽は無理そうでしたが、
良い感じに太陽が沈みそうです。

夕日

先に待ち合わせ場所に到着したせがれは、
まつい店長、加藤先生が到着するまでの間、一人でがっつり撮影。

月

太陽が沈むギリギリの頃にまつい店長&加藤先生が到着。
その頃にはもう月が出ていました。

老夫婦

太陽が沈んだ後、老夫婦が静かに海を見ていました。

2007年5月21日

天気のいいウチに

葉

今日は遠くの磨き屋さんに頼んでいた品物を取りに行こうと
「今からもらいにいきますぜ!」と電話をすると、
「俺、そっちに行く用事があるがんね、行くこてや!」との返事。

花

・・・・・・・(汗)
実はちょっぴり品物を取りに行った帰りに撮影でも・・・と
企んでいたせがれ。・・・・行く理由がなくなりました(泣)

水面

けど、撮影を諦めきれず、適当にその辺を徘徊します。

鳥

とりあえず鳥は撮れた。
・・・前も撮った鳥なんだけど名前忘れちまったっす。

2007年5月18日

じょ じょうねつ丼?

新潟朱鷺市の会議を終え、会社にもどろうと車に乗ると
晶子から電話が。

晶「情熱丼が来てるよ。」
せ「??会社に?」

情熱どん来社

会社に戻ると、情熱どんと晶子がなにやら盛り上がっている。

情「おお!まぁ座れさ(∩.∩)」
せ「う うん(^_^; どうしたんすか?」

情「近くまで来たか・・・」
晶「私に会いに来たんだこてや!」
情「・・・そうそう、そうなんさ。」

せ「・・・(汗) ふ~ん」
情「(∩.∩)」

その後あんまりせがれは話を聞いていなかったので
覚えていないが、なにやら話しは盛り上がっている様子。

晶子&情熱

情「晶子さんさぁ、箪笥買わねぇ?」
晶「ううん。いらね。箪笥買うなら、新しい着物買う。」←キッパリ
情「いい箪笥買っておいた方がいいよ。」

晶「情熱どん、プリン食うか?」
情「いいて。いいて。そんが気ぃ使うなて。」←食う気満々

せ「そういえば、まったりプリンあったんじゃね?」
晶「まったりプリンは食った。」

情「まったりプリンうまかった?」
せ「まったりの野郎やりやがりますぜ。相当うまい!」
情「まじで!?俺も買ってみようかな?」
晶「うん。まったりどんのプリンはおいしいわ。」

その後も晶子と情熱丼の話は盛り上がるいっぽう。

晶「◎※☆↑■△⇒!!!」
情「がっはっはっはっはw」

せ・・・・(O.O;) ←二人のノリに乗り遅れたせがれ

情「よし!ぢゃあ、俺そろそろ行くわ」
せ「あ。はい・・・ぢゃあまた。」

情熱どんはウチの会社で鬼のようにしゃべりまくり、
プリンの時だけしずかに食べ、去っていった。

2007年5月17日

オオルリ

出現率が低い鳥の撮影っていうのは、
どうしてこんなにもドキドキするんだろう?

オオルリ

音もなく現れ、枝にとまるだけで、
それまで会話していた人や、カメラから離れて
パンを食べていた人も一斉にシャッターを切る。

枝にとまる

となりの1DMarkⅡ&500㎜F4のおっちゃんの方からも、
シャララララララララ・・・・というシャッター音しか
聞こえてこなくなる。

時々、「あれ?どこ行きました?」と、
鳥を見失ったらしく、せがれに聞いてくる。
せがれはファインダーから目を離さず、そのまま答える
「今、左上の枝のところです」
「ありがとう」・・・・シャララララララ・・・

・・・・(汗)
鳥の位置を聞いてからシャッター切るまでが非常に早い。
ものすごい腕の持ち主なんだな・・・すげぇ!

飛び立つ

この時はじめて気づいた。
500㎜単焦点という大型の大砲を構えている人は
鳥のように不規則に動き回る被写体を
見失いやすい。

大瑠璃

あの大砲の列を見て、ちょっとせがれも大砲が欲しいかもって
思ったけど、まだまだ修行不足で無理だな(汗)

せがれなんて、400㎜でさえ、望遠側目いっぱいの状態で
鳥をファインダーに収められない・・・(汗)

今回の撮影場所は(というかせがれが立っていた場所は)
ちょっと薄暗くて、SSが稼ぎにくかったので感度上げて
撮影したため、ちょっとトリミングするとノイズが目立つけど

大砲もって見失ったまま、鳥が飛んでいってしまうよりは
遥かにマシw

もっと練習しなきゃ。

2007年5月16日

ヤマガラ

チュ

隣に三脚を構えるベテランのおっちゃんが、
「ヤマガラが二羽きたら、餌やりするから狙ってみな」と
教えてくれたので、がっつり撮影してきました。

ばいば~い

餌やりの瞬間は、本当に一瞬で、ちょっとでも
シャッターをきるのが遅れるとこんな感じになってしまいます。

えさやり

これは急ぎすぎて、餌やりの直前。
失敗の連続っす(汗)

はばたく

餌やりの瞬間を狙うのをやめて、次はカッコつけた写真を
ヤマガラで狙ってみました。

・・・やっぱり鷲とは違いますね(汗)
羽を広げた写真撮るだけでも一苦労です。

2007年5月15日

富士山撮った!!

「すげぇ~~~!!」
「でっけぇ~~~~~!!」
だけを連発しながら、富士山の撮影開始。

富士

念願の富士山撮影は、快晴の空の下、るんるんで
行われました。

日中は暑いくらいだったので、
せがれはTシャツにジャージという超軽装。
(山梨組は厚手のジャンパー)

・・・寒すぎる(震)

二つ目の富士

富士に色がつき始めると、常時身体が訴える「体温低下の警告」に
かまっているヒマがなくなる。

身体・・・ガタガタガタガタ ブルブルブルブルブル
せがれ・・・わかってるって、今それどころぢゃないでしょ!

寒さを無視して撮影するほど、夢中になりました。

どん!っとあった富士山

富士山を始めて見たわけではないけれど、
もっと近くで見たこともあるけど、ここの、今日の富士山が
今まで見た中で一番すげえ!!!

みんなで撮影

静かに日が昇る山中湖で、寝不足のおっさん達は
風呂も入らずに満足そうに写真を撮っていた。

男ん子が最高に楽しい瞬間って、
いつもこんな風に寝不足で、疲れていて、ちょっと汚い。
後で寝ればいいや。
後で風呂入ればいいや。

こういう瞬間がすげー楽しい。

コーイチローさん

ほぼ満足できる写真が撮れると、早速
山梨版「おしりスター」を狙うw

加藤先生&青い月さん

加藤先生&青い月さんのツートップは、
静かにシャッターを切り続けていた。

2007年5月14日

山梨遠征

せがれ、まつい店長、キッチンにいさんの3人で、
山梨に突撃してきました。

夕方の富士山

韮崎に到着30分前に、加藤先生から電話が入ります。
「夕方、富士山が綺麗になりそうだよ。」
この電話一本で、大幅にテンションがあがります。

加藤先生

デジイチで富士山、コンデジで夕日を狙う加藤先生。
満足そうですw

やきとり屋で懇親会

撮影の後は、やきとり屋で懇親会。

山梨組1

山梨組のリワーク職人さん、ナトリさん、ジャガーさんが、
出てきた料理に向ってシャッターを切りまくります。

山梨組2

リモデ屋さん、青い月さん、よしむねさんも料理写真に夢中です。

最近、料理の写真を撮らなくなっていたせがれも、
なぜか対抗して撮影してしまいましたw

続きを読む "山梨遠征"

2007年5月10日

田植えの季節

田植え

田んぼの水が入り、田植えがはじまったので
撮影に行ってきました。
(家から歩いて2分)

富永の午前中

家族全員で強力して田植えをしています。
せがれの仲間ウチでは、GWは田植えだから
休みナシ!っていうヤツが結構多いです。

田んぼ

夕方には田植えも終わり、夕焼けがいい感じに
田んぼに写り込み、春の富永を演出しています。

帰途

せがれは撮影していると、後ろから音もなく、
自転車にのったじいちゃんが通り過ぎます。

この時間帯から夜にかけて、カエルの大合唱がはじまります。

2007年5月 8日

ある夜の出来事

こせがれ花火

夜、こせがれに花火をさせてあげようと、外へ連れ出そうとしたら
「寒いといけないから」と、真冬のような厚着をさせられたこせがれ
と、玄関で花火。

線香花火

こせがれには線香花火の魅力はまだわからないらしく
全く興味をしめしませんでした。

花火が終わり、家に入ると【いかにも「見とけ!」】と
言わんばかりに、一枚の赤ちゃんの写真が置いてある。

せ「・・・・(汗)誰なん?これ。」
嫁「わかんない。」
せ「つーか、誰かわからん写真見せられてもどうしようもなくね?」
嫁「じいちゃん、誰の写真持ってきたんだろ?」

せ「どうせまた遠い親戚の子供とかそんなんじゃねーの?」
嫁「そうかもね。ウチって何人親戚がいるの?」
せ「とりあえず、じいちゃんが9人兄弟で、ばあちゃんが8人だから・・・」
嫁「・・・会ったことない(汗)」

せ「フッ。それにしても、ウチのこせがれの方がかわいいな」
                      ↑
                     親ばか
嫁「うん。」←親ばか2


茶の間からじいちゃん(せがれのじいちゃん)が出てくる。

爺「写真見たか?」
せ「見た・・・なんだ?この写真。誰なん?この子」
爺「・・・? おめえ」

せ「・・・・!!!!!うそーーーーーーーーーーーん!?」
嫁「ブゥーーー!!(爆)」
爺「昔の箪笥掃除してたら出てきた。」
せ「これ、俺ぢゃねーんじゃねーの?雄介(弟)なんじゃね?」
爺「雄介はもっとごっつい顔してた。これはおめえだ。」

嫁「・・・。 ・・・・・・・。 ・・・・(爆)」
    ↑
  声が出ないほど爆笑してる
せ「・・・・(汗)」
嫁「こ こせがれの方がかわいいとか言ってたよね(爆)」
せ「いや、よく見たらこせがれよりかわいいかも・・・」
嫁「い 今さら・・・(爆) 遅いって・・・・(爆)」

せ(-""-;)

2007年5月 7日

夕日のある光景

桜と夕日

高柳の帰り道、柏崎の海辺を通って帰る事にしました。
途中、田んぼに写りこむ夕日が気になり、
桜の木のところで停車。
一枚撮影してから海へと急ぎました。

釣り人

海ではいい感じに人の姿があり、広い砂浜を
走り、波打ち際付近まで行って見ました。
テトラポットの上では釣り人が竿を振っています。

ふたり

砂浜では若いカップルが楽しそうに遊んでいます。
・・・若いっていいなぁ。

せがれおっさんはこせがれがぐずる前に帰宅です。

2007年5月 4日

田舎めぐり(高柳編)

高柳

夕方、高柳によりました。
田んぼでは、カエルがいい感じに鳴いています。

田舎こせがれ

こせがれはトラクターを珍しそうに見ています。
(富永でもそこらじゅうにあるのに)

高柳のばあちゃん

ゼンマイを丸めているばあちゃん。
やさしい声でこせがれに声をかけてくれました。

高柳のこども

一輪車で遊ぶ子供。
富永ではこういう光景を見かけなくなりました。
せがれが小さい頃はこんな風に遊んでいる子供は
いっぱいいたのに・・・。

2007年5月 2日

田舎めぐり(美人林編)

水面にひろがる森

棚田の撮影後、美人林に行ってきました。
去年の今ごろは、まだ雪が残って霧が出ていました。

空を覆う

でも、今年の冬は雪が少なかった為、もうすっかり
解けてなくなっていました。

こせがれ

こせがれは下に積もっている枯葉を足で集めたり
落ちた小枝を振り回して遊んでいました。

・・・やっぱり美人林は雪があった方がいい感じっすね。

2007年5月 1日

田舎めぐり(十日町編)

連休初日の朝一。
わんこの散歩にこせがれと嫁が着いてきました。

嫁「いい天気だねぇ。」
せ「んー。こんないい天気だと富永から出るのもったいねーな。」
嫁「!!( ¬ _ ¬ )え。」
せ「いや(汗)・・・ま まぁ、出かけようか・・・(ー'`ー;) 」

桜と棚田

富永は田植えもはじまり、いい雰囲気だったのですが
せっかくの連休という事で、とりあえず出かけてきました。

行ったのは新潟県十日町市。
道中寄り道しながら、ゆっくりと向いました。

十日町でも代掻きがはじまっていて、そこらじゅうに
トラクターがいてこせがれは大喜びです。

竹

竹もいい感じに輝き、写真撮影にも力が入ります。
こせがれはカマキリを追いかけるのに夢中。

棚田

棚田にはまだ水が入っていたり、入っていなかったりで
撮影に行くにはちょっと早い感じでした。

輝く水面

ビビリながら山の細道を登り、いい感じの棚田を発見。
こせがれは田舎道に飽きてきた様子で、車の中で
「となりのトトロ」を楽しそうに見ていました。
   ↑
 同じような田舎の風景

去年と同じく、田んぼのカエルが「もののけ姫」の
「こだま」のような鳴き声で合唱していました。


次回につづく