2007年7月16日

わずかな赤い時間を待つ

18:40

昨日は天気があまりよくなく、お出かけの予定も
特になし。

家で子供と遊んでいました。

18:45

夕方、雨があがったので、こせがれと嫁を連れて
犬の散歩。

空は雲に覆われていたが、弥彦山の向こうだけは
ものすごい青空が広がっていた。

19:05

「こりゃいい感じの夕日になるな・・・」
     ↑
こう思ってしまったら、行かない訳にはいかないせがれ。

犬の散歩終了後、急いでカメラの準備をして、
こせがれを着替えさせて海へ向かいます。

19:10

海に着くと、せがれと同じようにカメラをもった人が数人。

こせがれは夕日に目もくれず、雨にぬれたすべり台で
夢中になって遊んでいます。
   ↑
この時、ちょっぴり嫁は不機嫌w

19:11

空が赤く染まり始めた頃、嫁とこせがれを呼びます。
海で夕日を見るのが久しぶりだった嫁は上機嫌。

こせがれは「うわぁぁ!」とるんるん♪で海を見ていました。

19:15

残念ながら、太陽は顔を出しませんでしたが、
こせがれの「うわぁぁ!!」が聞けたのでよしとしました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.1-piece.info/mt/mt-tb.cgi/4783